« systemd に対応したchromium cash のtmpfs での運用 | トップページ | Gnome3 設定メモ »

2013/02/06

E17 正式リリース版

e-svn からやっとこさおさらばしましたよ。
でもナー。Arch では公式にはslideshow のサポートがないんだよナー。
デフォで消費するメモリ量も400MByte 超えているし(Gnome3のサービス起動しているせいかもですが)、もうGnome3 でいいんじゃないのかという気もちらほらと・・・というか最近気づけばGnome3使ってるしw
アップデートはGnome3 にログインして行ったんですけど、Luvbook-S レベルのハードウェアだと十分快適でした。もちろんGnome3 に問題点がない訳じゃないんだけど、それならenlightenment17だって・・・という訳で。

実際最近Gnome3ばっかり使ってますよ。E17 はsystray がダメダメなのと、slideshow がないのがなぁ。

とりあえずアップデート手順の記録を。

  1. バックアップをする
  2. 当たり前ですけどね。バックアップ方法は以前と同じくParagon Backup & Recovery 2011 Free
    を使いました。って、今見たらリンク先は2012版になってますね。
    USBリカバリメディアは変わっていなんでしょうねぇ。

  3. GDMのオートログイン解除
  4. やらんでも良いかもですけど。WMのアップデートに失敗してはまった覚えがあるので習慣的に。大きな変更の時にはやることにしています。
    /etc/gdm/custom.conf を開き、[daemon] ブロックの中身を
    [daemon]
    AutomaticLogin=username
    #AutomaticLoginEnable=True
    AutomaticLoginEnable=False
    
    こんな感じでTrue とFalse を切り替えています。

  5. Gnome3 にログイン
  6. 久しぶりに使ったわぁ>Gnome3。思った以上に快適でした。これでアクティビティがRun Everything 並に無双状態になったり、systray へのアクセスが面倒でなければ・・・
    ワークスペースをどんどん増やせるのは相変わらず素晴らしいです。
    実際最近使っているのは・・・

  7. 停止していたアップデートをする
  8. OpenGL系のダウングレードの内容を取り消し、
    sudo pacman -Syu
    packer -Syu

    この状態だと既にe-svn は起動出来なくなっているはず。
    また、自分のようにSSD環境だと起動が速すぎてplymouth とGDM の間のハンドリングがうまく行かず、起動すら出来なくなる可能性があります。plymouth が準備できていないのに、DMに対して準備OKサインを出してしまうのが問題みたいですね。Ubuntu でもLightDM 環境(でかつある程度高速なマシン)では発生するみたいです。
    どうせ自分のハードウェアではplymouth が表示されるのは一瞬(1秒位?)なので、アンインスコしてしまいました。
    sudo pacman -Rs plymouth

  9. e17-svn の削除
  10. AURでいろいろ入れていたので、明示的に削除してあげないとダメでした。
    sudo pacman -Rs e-svn e_dbus-svn ecore-svn eo edje-svn eet-svn eeze-svn efreet-svn eina-svn eio-svn elemntary-svn embryo-svn emprint-svn evas-svn evas_generic_loaders-svn e-modules-extra-svn efl-svn

  11. E17正式版のインストール
  12. sudo pacman -S enlightenment17

問題点とか
  • systray の表示が簡単にバグります
  • これが一番使い物にならない原因かも。

  • E17の責任じゃないんだけど、Jupiter がサポート終了になり、マルチディスプレイをうまく扱えなくなった
  • 結果的にたまにいつも使わないプロジェクタに繋ごうとかやる気にならないレベル。E17はマルチディスプレイの扱いが決定的に下手なので。今まではJupiter があったから良かったけど、代替え手段が必要です。

  • Slideshow がない
  • svnから自分でビルドっすかねぇ。

    マルチディスプレイ問題以外はBodhi なら頑張って解決しているみたいだから、E17使いたいならやっぱりBodhiにしておいた方がいいね、が2013/2 時点での結論ですかね。
    Arch 使いなら頑張って自力解決しろや・・・かもですが。
    自分は時間が取れないので、当面Gnome3でいいやw

« systemd に対応したchromium cash のtmpfs での運用 | トップページ | Gnome3 設定メモ »

Arch Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28800/56554856

この記事へのトラックバック一覧です: E17 正式リリース版:

« systemd に対応したchromium cash のtmpfs での運用 | トップページ | Gnome3 設定メモ »