« VirtualBox | トップページ | Linux でのCAB 形式書庫の解凍 »

2012/04/13

XP上でViso 2000 をアンインストール方法

アンインストールにインストールCDを要求するとかマジ氏ね。10年以上前のCDなんぞ探していられるか。
CDを持っている奇特な人は、こことか、ここを見れば良いです。

かなり面倒でした > 手動アンインストール。
尚、ここに書いてあることの内容には一切動作保証はしません。書いてある内容を実践する場合には、全て自己責任でお願いします。ってこれはどのエントリでも同じことなんですが。
改めて言うまでもないですが、個人の備忘録ブログだってことですよ。参考になる情報があれば自由に使って頂いて構いませんが、自己責任でね、ということです。

  1. システムの復元ポイントを作成する
  2. まずいことをやってしまうと困るので。あるいは、Paragon 等でシステムのバックアップ取ってもいいですけど
    コントロールパネル - パフォーマンスととメンテナンス で、左側の関連項目の欄内「システムの復元」をクリックします。
    「復元ポイントの作成」をクリックして、次へボタン
    後でわかりやすい適当な名前を付けて、作成ボタン をクリック。

  3. dll をUnRegist するためのショートカットの作成
  4. デスクトップ上で右クリック → 新規作成 → ショートカット。参照ボタンを押して、
     
    C:¥WINDOWS¥system32¥regsver32.exe
    を指定します。
    作成されたショートカットのプロパティーを開いて、リンク先を、
    C:¥WINDOWS¥system32¥regsver32.exe /u
    に変更します。ついでにショートカットの名前はUnreg32 とでもしておきます。

  5. dll のUnReg
  6. C:¥Program files¥Visio
    C:\Program Files\Common Files\Visio Shared
    C:\Program Files\Common Files\Lhspf
    C:\Program Files\Common Files\WexTech Shared
    サブフォルダ内も含めて、拡張子dllのファイルを上で作ったUnreg32 にドラッグ&ドロップします。
    エラーが出ても気にする必要はないです。同じ拡張子dll でもレジストリ登録が必要ないものもあるのです。レジストリ登録がないものはそもそも解除も出来ないので、それについて文句を言われるだけなので。

    ちなみに上でリンクを付けたMicrosoft のサイトは機械翻訳(?)なので、例えば 「Visio Shard」 というフォルダ名が「Visio の共有」と表記されていたりします。もちろんどんな場合にも上には上が存在する訳ですけど。

  7. フォルダの削除
  8. C:¥Program files¥Visio
    C:\Program Files\Common Files\Visio Shared
    C:\Program Files\Common Files\Lhspf
    C:\Program Files\Common Files\WexTech Shared
    を削除します。

  9. レジストリの削除
  10. スタート - ファイル名を指定して実行 で、表示される名前欄に
    regedit
    を入力して、OKボタンを押します。レジストリエディタが起動します。

    HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Visio
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Visio
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Visio
    HKEY_CURRENT_USER\Software\WexTech システム だの、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSDE は自分の環境にはありませんでした。
    その他にもviso 及びvim.exeで検索し、明らかに消したパスにあるファイルを参照しているものは消しました。でもおそろしく時間がかかった・・・
  11. 再起動します
  12. とりあえず可能な限り普段使っているアプリをいろいろ使ってみて、不具合が起きていないことを確認。
    なんか問題があれば、システムの復元 機能を使って元に戻すしかない訳ですが。

疲れました。2度とやりたくないですね。システム復元のお世話にならないで済むことを願っています。

« VirtualBox | トップページ | Linux でのCAB 形式書庫の解凍 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28800/54461956

この記事へのトラックバック一覧です: XP上でViso 2000 をアンインストール方法:

« VirtualBox | トップページ | Linux でのCAB 形式書庫の解凍 »