« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年4月

2012/04/16

Linux でのCAB 形式書庫の解凍

今日の教訓: CAB という拡張子の書庫には、Microsoft 形式とInstall Shield 形式の2つがあり、Linux だと両方をうまく扱えるアーカイバはありません(少なくともArch のオフィシャルレポジトリには)。
このファイルはどっちの書庫形式?と迷ったら、
file 書庫ファイル名
でわかります。これはcab 書庫に限らず使えますけどね。

ということで、CAB 書庫を扱えるアーカイバを探したというお話。

続きを読む "Linux でのCAB 形式書庫の解凍" »

2012/04/13

XP上でViso 2000 をアンインストール方法

アンインストールにインストールCDを要求するとかマジ氏ね。10年以上前のCDなんぞ探していられるか。
CDを持っている奇特な人は、こことか、ここを見れば良いです。

かなり面倒でした > 手動アンインストール。
尚、ここに書いてあることの内容には一切動作保証はしません。書いてある内容を実践する場合には、全て自己責任でお願いします。ってこれはどのエントリでも同じことなんですが。
改めて言うまでもないですが、個人の備忘録ブログだってことですよ。参考になる情報があれば自由に使って頂いて構いませんが、自己責任でね、ということです。

続きを読む "XP上でViso 2000 をアンインストール方法" »

2012/04/04

VirtualBox

Arch Linux だと、VMWare Player はパッケージ管理がされていません。どうしても必要なら自前でパッケージ化する訳ですが、同等(以上)の機能を持つパッケージ化されたVirtual Box があるので、そちらを使います。

同等以上というのは、GPU のハードウェアアクセラレーションがVirtual Box なら使えることですね。VMWare Player に比べてLinux サポートも手厚い(少なくともデスクトップユースにおいては)ですし。唯一の不安点は開発元がOracle だということでしょうか。

VirtualBox の目的はWindows XP を動かすことです。
ちなみに、Windows アプリケーションを動かす目的でWINE をArch Linux で使うのは、自分の経験上止めた方が良い、と思います。なんとか動く環境を見つけるというのがおそろしく時間がかかる作業になり、しかもすぐに不安定になります。ハードウェアリソースがあるなら、VM を使った方が時間の無駄を防げます。

Windows XP をLuvbook S 上でレジューム状態から復帰させるのに、3~5秒程度しかかかりません。Luvobook S クラスのハードウェア(ただしSSD搭載時)ならWINEを苦労して使う意味はほぼないのではないでしょうか。

続きを読む "VirtualBox" »

« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »