« Crucial m4 のベンチマークとファームウェアアップデート | トップページ | Bodhi Linux 1.3 on Luvbook S »

2012/02/19

Windows7 をLuvbook S にインストールしたメモ

適切なICCプロファイルを作ってくれないかな~?って感じでWindows 7 Home Premium 64bit をインストールしました。Home Premium にしたのは、単に手元に使っていないライセンスが1つあったからです。
結構手こずりました。って、問題だったのは、Windows 7 のインストールUSBを作ることだけだったのですが。

  1. 何はともあれ、起動USBメディアの作成。
  2. Microsoft 謹製のWindows 7 USB/DVD Download Tool は使えませんでした。どうもiso ファイルの形式か何かを厳密に判断しているみたいです。
    また、同じくGUIから操作出来て楽そうだった WinToFlash というソフトは、やたら余計なとこにアクセスさせようとするのがウザいので途中で使うのを止めました。
    で、結局@ITの記事diskpartを使ってWindows Vista/7のインストールUSBメモリを作るにある方法で作りました。

    操作はほぼ記事の中にある通りです。ただ、diskpart での操作でUSB のドライブレターが変わることだけ気をつければ良いと思います。最初はE ドライブだったのですが、diskpart での操作を終えた所ではF ドライブに変わっていました。
    しかし、Windows のコマンドプロンプト面倒くさいですねぇ。自分はLinux ではコマンド大好きですが、それは単にGUIより便利な所が多いからだけなので、Windows みたいにコマンドプロンプトが低機能なら絶対にGUI なプログラムの方を選びます。作成作業かなり苦痛でした。

  3. Luvbook S のBIOS設定を変更します。BIOSに入るにはDelete キー です。
  4. BOOT タブにある起動順位を変更すればOKです。変更するのは Hard Drive BBS Priorities の中身の順位です。Boot Option Priorites の変更は必要無いので注意です。
    また、USB3.0 のポートに挿してもきちんと認識してくれませんでした。USB2.0 ポートに挿しましょう。

  5. Windows 7 のインストール
  6. 特に言うべきこともないかと。フツーに終わります。DVDからでないことと、SSDにインストールしたので15分程で終りました。ライセンスキー入れるのに一番時間がかかったかも・・・

  7. サプリメントディスクからドライバをセットアップ
  8. セットアップ自体は問題ないのですが、外付けDVD Drive を持っていない場合、当然ですが一旦DVD で提供されているサプリメントディスクをUSB にコピーする必要があります。
    問題はこれが4.8GByte もあることなのですよ。きちんと必要なものだけ選ぶのも面倒だなぁ、と全部コピー指示して放置したら1時間もかかりましたwww
    一時的に使うだけなので、USB3.0 のドライバだのLAN/Bluetooth だのは入れませんでした。
  9. ディスプレイの校正
  10. 本当はメーカからディスプレイに合ったICCプロファイルのインストール位やってくれてないかなぁ・・・と思ってのですが、当然(?)そういうこともなく。
    目で行う校正なのであまり・・・な感じでした。これならLinux でやっても同じだったかも^^; とりあえずICCプロファイルは出来たので別にとっておきます。
    以前にも書きましたが、校正をすると
    C:\Windows\system32\spool\drivers\color
    の下にプロファイルが追加されます。
    Linux でやっても同じだったかもと書きはしましたが、Linux できちんとしてICC プロファイルを吐いてくれるソフトというのはほとんどないのじゃないでしょうか。自分自身では再度読み込み出来ても、他のソフトに持って行くと読めないとかいう代物ばかりしか知らないです。

ちなみにSSD にインストールしたWindows 7 はログイン画面までなら約16秒で到達しました。ログインすっ飛ばせばデスクトップ表示まで20秒位ですかねぇ。
Ubuntu 11.10 とほとんど変わらない感じです。サスペンドやサスペンドからの復帰速度はまだ多少Linux に分がありますが、起動時間はWindowsもかなり速くなって来ましたね。

また、後日になりますがIDEなドライブをUSB接続出来るツールを使って、Windows XP → Windows 7 Upgrade もやってみました。
こっちは非常に楽だったので、手持ちにある人はUSBを作るよりオススメですね。当たり前だけど。
注意点は、
  • BIOS 設定のUSBの項目で、USBに接続したドライブタイプをAUTO にすること(CD/DVD にすると起動できません)。
  • Windows XP はインストールは出来るものの、ドライバ入れて実用にするのは無理かも。Windows 7のUpgrade ライセンスのためだけに入れるならアリ。
というとこでした。

« Crucial m4 のベンチマークとファームウェアアップデート | トップページ | Bodhi Linux 1.3 on Luvbook S »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28800/53866203

この記事へのトラックバック一覧です: Windows7 をLuvbook S にインストールしたメモ:

« Crucial m4 のベンチマークとファームウェアアップデート | トップページ | Bodhi Linux 1.3 on Luvbook S »