« Luvbook S のディスプレイ ガンマ値の調整 | トップページ | Windows7 をLuvbook S にインストールしたメモ »

2012/01/29

Crucial m4 のベンチマークとファームウェアアップデート

[重要]Crucial M4(RealSSD C400 CT128M4SSD2) は必ずファームウェアバージョン 0309 以上にする必要があります。0309 より以前のファームウェアを使っている場合には、電源ONの時間が5184時間以上になった時にディスクが応答しなくなるという致命的な不具合を持っています。
Ubuntu 11.10 のLive USB で起動すれば、ディスクユーティリティーで簡単にファームウェアのリビジョンを確認出来ます。

またボーナスとして、ファームウェアリビジョン 0002 で使っている人は読み込み速度が410MByte/sec → 520MByte/sec に上がるという利点もあります。
もっともこの速度向上はリビジョン 0009 で行われたもので、既に数ヶ月前の話ですのでこれから買う人は既に最低限0009 位は適用済みのものが廻って来ると思いますが。

ただ、売っているスペックを見ると410MByte/sec と表示してある所がほとんどなんですよね。自分が買った所もそうで、表記は410MByte/sec だったので古いファームかと思いきや、ファームウェアは0009で、ベンチ取ってみると実際に軽く500MByte/sec 超えでした。

作業はLuvbook Sで行いました。
まず、ファームウェアのリビジョンを確認します。Ubuntuの Live USB で起動して、Windows + A でDash を起動 → ディスク と入力すれば、候補にディスクユーティリティーが出てくるはずです。
ディスクユーティリティーを起動して、左にペインから M4-CT128M4SSD2 を選択すれば、右のペインにファームウェアバージョンが表示されます。

M4_diskinfo
ついでに、ディスクユーティリティーからベンチマークも取れます。右のペインのベンチマークをクリックして表示される画面から、読み込み/書き込みベンチマークを開始 をクリックするだけです。
注意点としては、ディスクのフォーマット等をしてあると読み込みだけのベンチマークしか出来なくなることです。間違ってフォーマットしてファイルシステムを作ってしまった時には、再度フォーマットを選んで、ファイルシステムに「なし」を選びましょう。もちろんデータは全て消えてしまうので、データがある場合には書き込みのベンチマークは出来ません。
で、リビジョン 0009 の状態のベンチマークがこれです。

M4_before

平均読み込み速度 546MByte/sec、書き込み速度 211MByte/sec ということで、超高速ですね。SATA3.0 の性能がきちんと出ていることがわかります。


次にファームウェアのアップデートを行います。まずはWindows PC で作業です。Linux PC でも出来ますが、Luvbook S 以外に空いているマシンが無かった&Luvbook はSSD を付けていて、HDDに戻すのが面倒だったので。

最初にCrucial のサイトから、ファームウェアをダウンロードしてきます。zip ファイルなので、適当な場所に解凍します。

次に、Universal-USB-Installer をダウンロードしてきます。ダウンロードリンクはページの上に大きくあるDownload Now ではなくページの下の方にあるので注意です。

空もしくは消去しても良いUSBメディアを挿入し、ダウンロードしてきたUniversal-USB-Installer を起動します。最初にお約束の同意画面が出てきますが、読んで I agree を押します。もちろん納得できなければ押さずに別の方法を考えて下さい・・・ですが。

次の画面のように設定をして、create ボタンを押します。

Universal_usb


エクスプローラ閉じてね&データが消去されるけどいいよね?な確認画面が出てくるので、承諾してあげると、作業が始まります。

出来上がったUSB起動メディアを Luvbook S に挿して起動します。自動的にファームウェアの更新プログラムが走るはずです。
詳しくはCrucial のサイトのguide を読むと良いでしょう。
ただ、データが空の場合に数秒で終わると書いてあるアップデート処理は、自分の場合30秒以上かかっていました。リセットするべきかどうか悩み始めた頃に終わったです。フォーマットが全くされていない状態だったからですかねぇ。

アップデートが終わったのを確認したら、再度Ubuntu 11.10 のLive USB で起動して、ファームウェアバージョンが0309 になっていることを確認します。
ついでに再度ベンチマークも取ってみました。速度が多少落ちていますが、ほぼ最速クラスのSSDと言って良いと思います。
ファームウェアアップデートが必要なことが敬遠されているせいか最近M4 は安くなっている(自分は税込 14,480円でした。実際にはこれにポイント6% が付いたので更に安いですけど)ので、ファームウェアアップデートを苦にしない人にはおススメだと思いますよ~。

M4_after


さて問題はこれに何を入れるか・・・なんですがw

« Luvbook S のディスプレイ ガンマ値の調整 | トップページ | Windows7 をLuvbook S にインストールしたメモ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28800/53848308

この記事へのトラックバック一覧です: Crucial m4 のベンチマークとファームウェアアップデート:

« Luvbook S のディスプレイ ガンマ値の調整 | トップページ | Windows7 をLuvbook S にインストールしたメモ »