« この冬→春の主役はどうやらUltrabook ではないらしい | トップページ | Pacman 4 »

2012/01/13

b-mobile WiFi

買って使ってみました。って、自分用ではなく、実家用にです。

そもそもb-mobile WiFiにしたのは、
  • 光回線が来ていない田舎である。
  • ADSLは回線収容量は限界のようで、申し込みを受け付けてもらえない。
  • e-mobile やUQ 等の高速回線は微妙に圏外
  • これまではISDN回線。
  • もちろんモバイル回線として使える(というかその目的の端末)のですが、実家ではメイン回線になって外に持ち出すことはないと思われる。なので、バッテリの持ちとかは最初から無視。
という環境でした。
公称300kbpsという速度は、フレッツ光の速度に慣れた自分が体感すると「やってられるか!」でしたが、
それは予想の範囲でしたし、今までISDNだった親にとっては十分だったみたいです。

買ったのは、b-mobileWiFi + b-mobile SIM U300 限定Happyパッケージ という3ヶ月分の無料使用権が付いている6ヶ月パック(つまり9ヶ月パック)です。12ヶ月パック(+無料分6ヶ月)が良かったんだけど、既に売り切れでした。
b-mobile WiFi を含めて 28,552円だったので、1ヶ月当たり 3,172円位ですね。
実家の両親が安いsimを買って来て差し替えることは想像できないので、9ヶ月経過後はオートチャージになるとすると、6ヶ月プランで 14,900円(1ヶ月当たり約 2,483円)です。
実家の両親のように回線速度を気にしないのであれば、十分アリかなぁと思います。自分には無理ですけど--;
イオンsimというのもありますが、速度300kbpsであの遅さでは、100kbpsにはとても耐えられないと思いますねぇ。

以下、セットアップメモです。ちなみに設定インターフェイスは全てブラウザからで、WiFiでしかアクセス出来ないため、セキュリティー設定を変えると当然ですがその度に接続は切れます。
自分はLinux からで、設定を変えるのが楽だったので苦労しなかったですが、Windows だと設定に辿り着くのが遠くて面倒かもしれません。
  • 最初にやることは、説明書に従って開通の電話をすることです。
  • 発信者番号通知が必要なので、設定がしてある携帯が良いと思いますね。自動応答オペレータの指示に従ってシリアル番号っぽいものを入力していくだけで完了です。

  • 5分程でアクセス可能になるので、WiFi でアクセスします。
  • 最初はセキュリティー設定何も無し状態です。無線LANで見えているアクセスポイントに接続し、ブラウザで192.168.0.1 にアクセスすると、設定画面に飛びます。
  • まずアクセスのパスワードを変更しました。

  • 次にWiFi のセキュリティー設定をしました。
  • 簡単設定だと固定のWEP キーが設定されたWEP 暗号化になるので、Advanced の設定に入る必要があります。
    自分はWPA2-PSK を選びました。WPA2-PSK を選ぶと、自動的にWPS も有効になりましたが、それ以外だとWPS を有効にする方法はありませんでした。WPS を有効/無効を切り替えるボタンはあるんですけどねぇ。
    ハードウェアスイッチの有効/無効を切り替えているだけなんでしょうか。
    また、WPS の認証方式は AES or TKIP or その両方が使えたので、両方にしておきました。手元にあった端末はTKIP 方式でしたが、正しく動作していました。

設定は上記のようにパスワードの変更と、WiFi の暗号化を変更してあげる位で実用上問題ないと思います。
設定画面自体は、自分には分り易いものでした。もっとも自分はルータのインターフェイスはある程度慣れているので、他の人はどうかわかりません。
暗号化の方式はWPA2-PSK がオススメというか他はあまり推奨出来ません。ただしWPA2-PSK だとDS やPSP等のゲーム機は接続出来ないです。
これに対応するには、
  • 既に無線LAN 内蔵のPCの場合
  • WN-G150のような、親機になれる機能をもった機器を追加する(WN-G150は自分がサーバになると親機には接続出来なくなり、結果的にWN-G150に接続したDS等もネットには接続出来なくなるので注意です)。
  • 無線LAN 内蔵でないPCの場合
  • Buffalo のWLI-UC-GNM2Tのように親機・子機機能が同時使用出来るアダプタを使うのが良いと思います。

どっちも1,000円そこそこで安いですし。もっとも親機モードとして使うとかはLinux だと難しいかもしれません。子機として使うのは、Ubuntu Magazine 06号で動作確認がされていたので大丈夫だと思いますが、それだとゲーム機の接続には使えないですね。フル機能を使いたければWindows 端末で使うしかないのでしょう。

« この冬→春の主役はどうやらUltrabook ではないらしい | トップページ | Pacman 4 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28800/53660246

この記事へのトラックバック一覧です: b-mobile WiFi:

« この冬→春の主役はどうやらUltrabook ではないらしい | トップページ | Pacman 4 »