« カーネル3.1.2-1 とミラーの更新 | トップページ | i915のblackscreen問題が解決したようです »

2011/12/05

Linux-ck kernel

Arch Linux にLinux-ck と呼ばれるカーネル群があります。世の中一般には BFS(Brain Fuck Scheduler)の開発者であるCon Kolivas氏がまとめたck patch set と呼ばれるパッチを適用したカーネルのことです。

数年前と比べてBFSとLinuxのデフォルトであるCFSの差はあまり大きくなくなっているという話も聞くのですが、少なくとも2009年9月のベンチマークではBFSを適用したシステムの方がデスクトップ向きであるという結果があります。
また、Con Kolivas氏自身が作成したベンチ結果は氏のブログから見ることが出来ます。もっとも自分の作ったものを評価するということで、異論もあろうかと思いますが。

Arch なユーザとして見逃せないのが各CPUに特化したカーネルがコンパイル済みで用意されていることで、Atom用もあります。どんなカーネルがあるのかと詳しい説明は、Arch Wiki のlinux-ck ページを。

もちろん自分でコンパイルしたい!という人は、AURにあります。自分はカーネルのコンパイルなんて非力なAtomでやりたくないです。コンパイルをtmpfs上でやろうとすると数GByte単位は必要ですが、こちらとら1GByteしかtmpfsはありませんし。
Enlightenmentは大食いでないので、1.5GByte位はあげてもいいんですが、カーネルコンパイルの前には誤差の範囲内です。でもMozc ならビルド出来るようになるのかなぁ。

さて、インストールですが、非オフィシャルですがレポジトリが用意されているのでまずはそれを有効にする所から始めます。
gksu leafpad /etc/pacman.conf &
等で、/etc/pacman.conf を開いて、ファイル末尾に
[repo-ck]
#Linux Kernel and modules with Brain Fuck Scheduler v0.415 and all the goodies
#in the ck2 patch set.
Server = http://repo-ck.com/$arch
を追記して保存します。そして、
sudo pacman -Syy
sudo pacman -S ck-atom
:: There are 4 members in group ck-atom:
:: Repository repo-ck
   1) broadcom-wl-ck-atom  2) linux-ck-atom  3) linux-ck-atom-headers
   4) nvidia-ck-atom

Enter a selection (default=all): 2 3
/etc/default/grub を編集します。下の3行を編集します。Linux-ck-atom メニューが全体の何番目に来るかで0始まりであるGRUB_DEFAULT の数値が決まります。下のTIMEOUTさえちゃんと取っておけば最初は0で構わないと思いますが。
メニューの作り方が間違っていても過去のカーネルで起動できるように、GRUB_TIMEOUT を10秒にしています。TIMEOUT
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT 行には、elevator=bfq を追加します。これだと他のカーネルイメージにもこのオプション付いてしまいますが、ck kernelだけ使うことを想定するなら構わないと思います。
既存カーネルにこのオプションを付けた場合には単にエラーで無視されます。
GRUB_DEFAULT=0
GRUB_TIMEOUT=10
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash elevator=bfq"
編集したら保存して、メニューを作ります。勝手にlinux-ck やらlinux-ck-fallback やらを見つけてくれるはずです。
sudo grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
出来たら深呼吸して再起動!!
無事起動できたら、/etc/default/grub を開いてGRUB_DEFAULT と、GRUB_TIMEOUT 行を再度編集 → grub-mkconfig で終了です。

自分の環境では、特にFlash のアニメーションが高速化されていると思いました。
他はもともと軽いEnlightenment を使っているせいで良くわからないという感じです。起動時間に変化はなかったです。
Linux-ck 使ってもカーネル3.1系のi915に関するバグはそのままですので、念の為。
kernel のメーリングリストを見ていると3.2で修正されるっぽい流れですけどね。もう少し我慢が必要です。

« カーネル3.1.2-1 とミラーの更新 | トップページ | i915のblackscreen問題が解決したようです »

Arch Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28800/53362666

この記事へのトラックバック一覧です: Linux-ck kernel:

« カーネル3.1.2-1 とミラーの更新 | トップページ | i915のblackscreen問題が解決したようです »