« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011/12/26

いろいろアップデートの多い時期ですね

クリスマス&ニューイヤーホリデー前にみんなやりかけの作業を終わらせようとしてしてネジまいたのかもしれませんが、やたらアップデートが落ちてきてますね。
自分も年末進行というか期末進行で仕事の方は大忙しです。
個人的なことはさておき、アップデートで多少注意が必要だったのは、
  1. filesystem
  2. mozc
の2つだけでした。

続きを読む "いろいろアップデートの多い時期ですね" »

ASUS F1A75-V PRO のBIOS 2001(12/15)

やっとこさ多少安定性が出てきた感じのF1A75-V PRO です。
以下の問題が(おそらく)改善されるものと思います。というか、自分環境では改善しました。

  • 起動時にディスプレイの電源が入っていないと、起動してからディスプレイ電源を入れても何も映らない。

  • スリープ復帰時にディスプレイの電源が入っていないと、復帰してからディスプレイ電源を入れても何も映らない。

  • 何回かスリープを繰り返すと、ネットワークが切断状態になって再起動するまでそのまま。

・・・改めて書くとほんとダメダメですねぇ^^; お手軽ゲームマシンとしてはそこそこ優秀だと思うのですが > F1A75-V PRO

続きを読む "ASUS F1A75-V PRO のBIOS 2001(12/15)" »

2011/12/14

i915のblackscreen問題が解決したようです

以前にkernel 3.2 では修正される見込みと書きましたが、3.1系である3.1.5 にもその修正が適用されました。
自分の環境でも問題が修正されていることが確認出来ました。この問題のお陰で3.0.x系を使わざるを得なかった人も安心してアップグレードして良いと思います。

続きを読む "i915のblackscreen問題が解決したようです" »

2011/12/05

Linux-ck kernel

Arch Linux にLinux-ck と呼ばれるカーネル群があります。世の中一般には BFS(Brain Fuck Scheduler)の開発者であるCon Kolivas氏がまとめたck patch set と呼ばれるパッチを適用したカーネルのことです。

数年前と比べてBFSとLinuxのデフォルトであるCFSの差はあまり大きくなくなっているという話も聞くのですが、少なくとも2009年9月のベンチマークではBFSを適用したシステムの方がデスクトップ向きであるという結果があります。
また、Con Kolivas氏自身が作成したベンチ結果は氏のブログから見ることが出来ます。もっとも自分の作ったものを評価するということで、異論もあろうかと思いますが。

Arch なユーザとして見逃せないのが各CPUに特化したカーネルがコンパイル済みで用意されていることで、Atom用もあります。どんなカーネルがあるのかと詳しい説明は、Arch Wiki のlinux-ck ページを。

もちろん自分でコンパイルしたい!という人は、AURにあります。自分はカーネルのコンパイルなんて非力なAtomでやりたくないです。コンパイルをtmpfs上でやろうとすると数GByte単位は必要ですが、こちらとら1GByteしかtmpfsはありませんし。
Enlightenmentは大食いでないので、1.5GByte位はあげてもいいんですが、カーネルコンパイルの前には誤差の範囲内です。でもMozc ならビルド出来るようになるのかなぁ。

続きを読む "Linux-ck kernel" »

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »