« packerを使ったAURパッケージの管理 | トップページ | fcronをデフォルトcronieの代わりに使う »

2011/11/20

plymouth とreadahead-fedora

起動時の画面が寂しいので、plymouthのお世話になることにしました。でもやっぱり入れると起動時間が多少遅くなります。対策として、Ureadahead のRedhat版である readahead-fedoraを入れました。
結局この2つの変更により、Bodhiよりやや速い程度の起動時間となりましたとさ。

まだ多少チューニングの余地はあるとはいえ、必要な(見た目重視の)チューニングを行った結果として、Bodhiと比べてArchが起動時間で大幅に有利であるということはないようです。どっちも十分速いですけど。

  1. まず、plymouthです。う〜ん、起動時及び終了時のArch ロゴがカコイイです。
  2. インストールはAURから。plymouth-git 使いましたが、安定版もあります。どっちでも好きな方を。
    packer -S plymouth-git
    次に、/etc/mkinitcpio.conf を編集する必要があります。
    gksu leafpad /etc/mkinitcpio.conf
    • MODULES= 行にeeepc1002HAであれば i915を追記します。
    • MODULES="i915"
    • HOOKS= 行の最後にplymouthを追記します。
    • ついでに余計なHOOKであるpata とscsi、usbinput を削除しました。
      HOOKS="base udev autodetect sata filesystems plymouth"

    保存したら、新しいイメージを作成しますがHOOKを削除したので起動しない可能性があります。このため、最初にバックアップしておきます。
    cp /boot/initramfs-linux* ~/
    これで起動しなければUSBなブートメディアで起動して書き戻せばOKです。バックアップ終わったので、新しいイメージを作成します。
    sudo mkinitcpio -p linux
    次にgurb2 の起動オプションを変えます。
    gksu leafpad /etc/default/grub &
    して、GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT= 行に quiet splash を加えます。
    GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash"
    保存したら、grub2のメニューを作成させます。
    sudo grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
    後は再起動するだけ。どんなテーマがインストールされているかは、
    plymouth-set-default-theme -l
    で見れます。テーマを変えるには、
    sudo plymouth-set-default-theme theme-name
    sudo mkinitcpio -p linux
    です。AURにthemeの追加パッケージもあるので、デフォルトに飽きたら試してみてもいいかもです。自分はデフォルトのfade-inが気に入ってます。
    初期状態で他に6つあります。

  3. readahead-fedora
  4. なんでUreadahead 使わないかというと、Ureadahead はデフォルトのArchカーネルだと使えなくて、パッチ当ててビルドし直しになるからです。readahead-fedora はそのまま使えます。

    インストールは、
    packer -S readahead-fedora
    だけでした。Wikiには、libtoolをダウングレードしないとlibprelude がビルド出来ないとか書いてありますが、libprelude はオフィシャルレポジトリに入っているので、もう問題ないみたいです。
    特に何も考えずに1回電源断 → 起動 で、プロセスの終了が行われます。次の再起動では収集された情報が使われて起動します。
    結果、ほぼBodhi の時と同じ起動時間となりました。
    スループットも170Mbyte/sec 近辺出ていてreadahead-fedora はきちんと仕事をしているのがわかります。

    注意点としてUreadahead と異なり、プロセスの収集はユーザが明示的に指示する必要があります。
    次の起動でプロセス収集をするには、
    sudo touch /.readahead
    をすれば次の起動時に収集プロセスが動きます。
    起動時間は以前より遅くなってます(enlightenment_iが11秒台)が、単純にスタートダッシュ時間の遅れ([init]の時間)が延びているのが影響しています。
    他は遅くなっている箇所ないので。Enlightenment が起動してから負荷が少なくなるまでの時間はArchの方が2秒程度速いです。
    Arch もinitramsframe 使うのやめてくれるともっと速くなると思うんですけどねぇ。

Arch_ssd_plymouth

« packerを使ったAURパッケージの管理 | トップページ | fcronをデフォルトcronieの代わりに使う »

Arch Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28800/53259688

この記事へのトラックバック一覧です: plymouth とreadahead-fedora:

« packerを使ったAURパッケージの管理 | トップページ | fcronをデフォルトcronieの代わりに使う »