« Arch Linux with E17 その2 | トップページ | Arch Linux with E17 その3 »

2011/09/09

Bodhi Linuxが1.2.0 をリリースしたそうですが

なんつうか、ダメダメですね。少なくとも自分が経験しただけで不具合が4点。うち3点が結構致命的というのは・・・
しかも既存ユーザにはdist-upgradeじゃなくてapt-get upgradeで降りてきます。なんでやねん。
本家forumは相変わらず知らぬ存ぜぬだし、しばらくはapt-get upgradeはやらない方がいいですよ。
そもそも1.2.0になって何が変わったって特にユーザに恩恵があるような機能は1つもないと言っていいんじゃないかなぁ。
なんでこれでバージョン変わったことになるの?みたいな。
まさかカーネル3.0を採用したからバージョン変えました・・・じゃないよね?
とりあえず自分が経験した不具合。
  • ウィンドウのタイトルバーが異常に細くなって、ウィンドウがつかめない。
  • 本家のフォーラムに報告している人もいますが、たまたまその人はオフィシャルのテーマを使っていないということで相手にされていないようです。
    でも自分はオフィシャルのテーマ使っていても同じ症状なんだよね。アプリを開いた時には症状は出ないんだけど、しばらく使っているうちに突然なる。
    そうすると一度アプリ閉じないと治らないです。

  • Slideshow モジュールがロード出来なくなった。
  • 固定壁紙に逆戻りです。

  • tclockがロード出来なくなった
  • しょぼいclockモジュールに逆戻りです。見難い・・・;
    というかこれオフィシャルで使っているモジュールじゃないんかい?ハンドヘルドっぽい奴以外のどのプロファイル選んでも入っていたような。

  • placeモジュールが正常に動かない
  • これは元から使っていないので、自分的には問題ないですが。
placeはまともに使ったことがないので良く知らないけど、今試しているArchのe17-svnでは上3つの不具合は起きません。EeePCでもVMWare上の仮想マシンでも同じ症状なので、マシン固有の問題でもない。
しかしこれアップグレードじゃなくて完全にダウングレードだよねぇ。
今後どうなるか2週間ほど様子見ですかねぇ。

9/14 追記
今日までのアップデートで、
  • ウィンドウのタイトルバーが異常に細くなって、ウィンドウがつかめない。
  • tclockがロード出来なくなった
については修正されていること自分の環境では確認出来ました。
相変わらずSlideshowは使えないですけど。ついでにタスクバーがロード出来ないという不具合も解消しているみたいです。ただし、iTask-NGは相変わらずダメみたいですね。
しかも本家forumでメインの開発者であるJeffが
  • 次のメジャーリリースはUbuntu 12.04ベースの2.0.0
  • メジャーリリースは今後もUbuntuのLTSベースで2年毎
  • 将来的にはローリングリリース(Archのモデル)も視野に入れたいが、まだ検討中
とか言ってます
マイナーバージョンアップであるはずの1.2.0でもこれだけ問題噴出ならしょうがないのかもしれないですが、12.04LTSってマジすか。サーバならともかく、普段使いのデスクトップで後1年10.04なシステムを使い続けるのはきついです。やっぱりEeePCでもArch計画を早急に推進すべきかも・・・

« Arch Linux with E17 その2 | トップページ | Arch Linux with E17 その3 »

Bodhi Linux」カテゴリの記事

コメント

itask-ngは最新のe17ではengageというmoduleに変わっていますよ。itask-ngはうまく動きません。

記事更新していなくてすいません。Bodhi最近使ってなくて、その後の状況全然フォローしていないですね^^;
自分はBodhiでitask-ngを開いているアプリの確認に使っていました。
Archでもengage使えますが、ArchではScale Window をシェルフに置いています。
engageだとEeePCみたく画面が小さいと結局ウィンドウの下に隠れてしまうことが大半なので。
マウスオーバーで表示するなら、クリックでもいいやということで。
また、Atl + tab にも割り当てています。Bodhiでは使えるのかな?

Bodhi最近使ってないとの事ですが、Bodhi 1.3.0が出ていました。

実はluvbook S は今Bodhi 1.3 で動いています。というかインストールしてから既に半月以上経っていたりします。
近いうちにArch にするかもしれませんが、やっぱりBodhi はインストールが楽なのがいいですね。
半月前に取ったbootchart はあるのですが、忙しくて書く暇が;;

Bodhi 1.4.0が出ていました。

インストしたらメニューの日本語部分が空欄で、設定失敗か?
それでxfceで使用です。これならメニューの日本語はOKです。

1.3はインストする間もなく、1.2.1が飛んだので1.4.0をインソトです。

くしゃみ様は1.2.0はあまり評価していらっしゃらないようですが、 これはインストした事がないのでどんな物かよく分かりません。

最初にライブCDの部屋に有った物Ver1.0?jpをインストでそれからVer1.2.1をインストでそれからVer1.4.0をインストです。

Bodhi is a minimalistic Linux operating system based on Ubuntu, that has really small requirements and now it, has reached version 1.4.0.

Bodhi 1.4.0 will be followed by version 1.5.0, which will be the last release based on Ubuntu 10.04 before Bohdi 2.0.0, a distro that will be build off of Ubuntu 12.04 LTS.

Highlights of Bodhi 1.4.0:
-------------------------------------------------------------
Bodhi 1.4.0 -----> version 1.5.0 Ubuntu 10.04 LTS
Bohdi 2.0.0 Ubuntu 12.04 LTS
のようでBodhi 1.4.0はド素人にとっては、ハズレのような気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28800/52689150

この記事へのトラックバック一覧です: Bodhi Linuxが1.2.0 をリリースしたそうですが:

« Arch Linux with E17 その2 | トップページ | Arch Linux with E17 その3 »