« Enlightenment(E17)でついにOpenGLが有効になった | トップページ | Prodino(KAF-A55)をBodhiなEeePCで使ってみた »

2011/07/13

lid close → suspend が正常になった、Bodhiでの電源管理、Conky

自分がインストールした6/1時点でBodhi Linuxには2つの問題がありました。

  1. OpenGL等のハードウェアによるアクセラレータがE17で使えない。
  2. ディスプレイを閉じてサスペンドを行うと、復帰時にサスペンドに移行する時間が短すぎるという意味の警告が表示される。しかも時間を伸ばしても解決できない--;

1番目の問題は先に書いた記事の通り修正されたことが確認出来ました。これは実際問題、公式のForumで6/13にアナオンスされていたので、一応予想通りです。
で、ついでに2番目の問題がどうなっているか自分で確かめてみると・・・・直ってるやん(´・ω・`)
ということで、Bodhi Linuxを使う上での障害は一切無くなったっぽいですね。念の為再度サスペンドを有効にする方法を書いておくと、

  1. 設定 - 設定パネル - 入力 - Hardware Switches の画面で「マウスバインド追加」ボタンを押し、メッセージが表示されるのを確認してノートを閉める。
  2. 開けると「Lid Closed」というキーバインドが追加されいるはずなので、そのアクションを「Suspend Now」に設定する。「サスペンド」じゃだめなのが紛らわしいので注意。

以上終わり!! 最も最初からLid Closedのキーバインドを削除していない人は追加する必要はないはずで、アクションの値を確認すれば終わりですが・・・(自分はワーニングがうっとおしいのでキーバインド自体を削除していた)。

ついでにBodhi Linuxの電源管理。というかEnlightenmentの電源管理です。一言で言うとデフォルトはお粗末なのでGnomeの力を借りましょう・・・と(オイ
基本的にEnlightenmentにAC Powerが有効な時とバッテリ動作時に動作を変えるという思想はないんですよね。それをやりたければ別のアプリを追加しろということでしょう。で、Gnomeの電源管理さん。

sudo apt-get install gnome-power-manager

設定 - 設定パネル - アプリケーション - スタートアップアプリケーションのシステムタブにPower Managerがいるので、有効にします。後は設定を好きに変えればOK。バッテリメータはEnlightenment のモジュールがあるので、自分はGnome Power Manager のアイコンは表示させない設定で使用しています。
また、ノートPCを閉じたときの動作はAC有効時、バッテリ動作時共に「ブランクスクリーンにする」にすることが必要です。ちなみにこいつからサスペンドしようとすると自分の環境ではノートPCを閉じたときには何もせず、開けた時にサスペンドを始めるというおもしろ仕様になりました(当然EnlightenmentのLid Closedのキーバインドは削除した状態)。
おもしろ仕様が好きな人以外にはオススメしかねます。

最後に現状のConkyの設定も晒しておきます。~/script/draw_bg.lua は変わっていませんので、以前の記事を参照して下さい。以前からのバージョンアップポイントは、

  • CPUコア毎の負荷率を表示するようにした(Hyper threading なので”パチモン”デュアルコアですが)
  • 本来の透過効果を適用
  • グラフをカラーに

というとこですかね。

######################
# - Conky settings - #
######################
update_interval 1.5
total_run_times 0
net_avg_samples 1
cpu_avg_samples 1
imlib_cache_size 0
double_buffer yes
no_buffers yes
#####################
# - Text settings - #
#####################
use_xft yes
xftfont Dejavu Sans Mono:size=9
override_utf8_locale yes
text_buffer_size 2048
#############################
# - Window specifications - #
#############################
own_window_class Conky
own_window yes
own_window_type normal
own_window_argb_visual yes
own_window_argb_value 255
own_window_transparent yes
own_window_hints undecorated,below,sticky,skip_taskbar,skip_pager
own_window_colour brown
alignment top_right
#alignment top_left
#alignment bottom_left
#alignment bottom_right
gap_x 10
gap_y 10
minimum_size 300 5
maximum_width 300
default_bar_size 60 8
#########################
# - Graphics settings - #
#########################
draw_shades no
default_color white
color0 1E1C1A
color1 E07A1F
color2 green
uppercase no # set to yes if you want all text to be in uppercase
# Gap between borders of screen and text
#########################
# - lua setting       - #
#########################
lua_load /home/keiichirou/scripts/draw_bg.lua
lua_draw_hook_pre draw_bg
#
# stuff after 'TEXT' will be formatted on screen
#
TEXT
${color #800000}${voffset 6}${font OpenLogos:size=28}u${font}${color}${goto 36}${voffset -20}${font}${color 800000}${font MgOpen Modata Bold:size=12} Bodhi Linux 1.1.0
${color2}${font VL Gothic:size=8}${offset 36}${time %Y年/%B/%d日}${voffset -10}${alignc 46}${color2}${font Arial Black:size=16} ${time %H:%M}${font}${color}
$nodename $sysname $kernel on $machine
Uptime: ${uptime}
# CPU Usage
${color 97979C}CPU ${hr 2}$color
${execi 1000 cat /proc/cpuinfo | grep 'model name' | sed -e 's/model name.*: //'}
Core1 ${freq cpu1}MHz Load: ${cpu cpu1} %
${cpugraph cpu1 20,300 0000ff 00ff00}
Core2 ${freq cpu2}MHz Load: ${cpu cpu2} %
${cpugraph cpu2 20,300 0000ff 00ff00}
NAME              PID    CPU%   MEM%
${top name 1} ${top pid 1} ${top cpu 1} ${top mem 1}
${top name 2} ${top pid 2} ${top cpu 2} ${top mem 2}
${top name 3} ${top pid 3} ${top cpu 3} ${top mem 3}
${top name 4} ${top pid 4} ${top cpu 4} ${top mem 4}
# Memory and Swap Usage
${color 97979C}MEMORY ${hr 2}$color
Used:    $mem of $memmax
RAM:  $memperc% ${membar 6}$color
Swap: $swapperc% ${swapbar 6}$color
# HDD Usage
${color 97979C}DISKS ${hr 2}$color
/: Used ${fs_used /} of ${fs_size /} ${alignr}${fs_free_perc /}%
${fs_bar 6 /}$color
# Network
${color 97979C}NETWORK ${hr 2}$color
#EXTERNAL IP: ${execi 3600 wget -O - http://www.whatismyip.com/automation/n09230945.asp}
LAN IP: (${addr eth0}):(${addr wlan0})
eth Down: $color${downspeed eth0} kb/s ${alignr}Up: ${upspeed eth0} kb/s
${downspeedgraph eth0 25,140 0000ff 00ff00} ${alignr}${upspeedgraph eth0
25,140 0000ff 00ff00}$color
wlan Down: $color${downspeed wlan0} kb/s ${alignr}Up: ${upspeed wlan0} kb/s
${downspeedgraph wlan0 25,140 0000ff 00ff00} ${alignr}${upspeedgraph wlan0
25,140 0000ff 00ff00}$color

« Enlightenment(E17)でついにOpenGLが有効になった | トップページ | Prodino(KAF-A55)をBodhiなEeePCで使ってみた »

Bodhi Linux」カテゴリの記事

コメント

Bodhiは気に入ってるんですが情報が少ないのがネックでした。このブログはものすごく参考になりました。感謝、感謝です。またいろいろ載せてください。

いらっしゃいませです。こんな情報でも参考になれば幸いです^^;
Bodhi(というかEnlightenment全般)は情報が本当に少ないので、こちらこそ有用な情報があれば教えて下さればうれしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28800/52195490

この記事へのトラックバック一覧です: lid close → suspend が正常になった、Bodhiでの電源管理、Conky:

« Enlightenment(E17)でついにOpenGLが有効になった | トップページ | Prodino(KAF-A55)をBodhiなEeePCで使ってみた »