« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011/06/29

2.6.38カーネル以降の省電力問題

WEB UPD8にLinux Kernel が2.6.38以降に省電力設定に問題を抱えていることが載っていた。
PCI-Expressに対する省電力設定が無効になっているそうな。原因はBIOSによってPCI-Expressに対しての省電力管理を行うべきASPMが正しくハンドリングされておらず、こいつを有効にした場合にハングアップ等の問題を引き起こすことらしい。
で、この問題は次期カーネルである3.0でも未解決で、しばらくそのままになるっぽい。
自分が使用しているEeePC1002HAにはあまり関係なさそうな話題ではあるのだけど、一応対策が有効かどうかの検証はしてみることにした。

*強制的にASPMを有効にすると、よろしくないBIOSを使用している場合には最悪OSの起動すら出来なくなる。
リカバリする自信がない限り推奨は出来ない。

いつものようにターミナルから

gksu leafpad /etc/default/grub
GRUB_TIMEOUT=0
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash"

の2行を探し、それぞれ

GRUB_TIMEOUT=3
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash pcie_aspm=force"

に変える。TIMEOUTは3でなくても好きな秒数で良いんだけど、起動に失敗した場合に回復コンソールに入るために設定しておく。Bodhiのデフォは5だけど、自分は0で使用している。
変更が終わったら保存してleafpadを終了。再びターミナルから

sudo update-grub

再起動すれば設定が有効になる。問題がないようなら、再び/etc/default/grubを編集してGRUB_TIMEOUTを0に戻してupdate-grub。問題があるならASPMは諦めるしかない。
ちなみに自分の環境(EeePC1002HA)ではpowertopの表示を信じる限り差は見られなかった。
変更前も変更後も変わらず消費電力8.6~8.9W程度(ディスプレイ輝度90%、無線LAN使用、Bluetooth不使用)。
無線LANがPCI-Express接続だとすると、無線LANを不使用にした際に違いが出るのかなぁとこれを書きながら思ったり。でも自分の使用方法ではバッテリ使用時に無線LANって滅多にOFFにしないんだよね。

7/26追記
効果がないのが当たり前で実際に有効になっていないみたいです。

dmesg | grep ASPM

とやると

[    0.000000] PCIe ASPM is forcedly enabled
[    0.241370] Unable to assume _OSC PCIe control. Disabling ASPM

だそうです。ということで意味がなく単に起動に余計な時間を取られるだけなので、grub2のオプションは完全に元に戻しました。ちなみにlspciによると自分のEeePCではWifiアダプタがPCI-Eを使っているみたいです。
これはジュピターから無効化出来るので多分大きな問題にはなってないと予想しています。

2011/06/07

Bodhi(Enlightenment E17)での無線ネットワーク設定

やっとこさEnlightenment がサスペンドからの復帰時にフリーズするという問題の原因と対策がわかった。
後でForumにも報告しておくけど、とりあえずここに書いておこう。

[問題の元凶]

  1. nm-applet(systrayのアイコン)から「新しい無線ネットワークの作成を行う」と不正なプロファイルが作られる。しかも不正なプロファイルがあるとサスペンドからの復帰時にフリーズする。
  2. しかも作ったネットワークプロファイルを見る簡単な方法が分かりづらい。

[解決方法]
この2つの問題の解決のためには正しいネットワークプロファイルを作れて、かつそれらが一覧出来れば良い訳。
一番簡単には、Run Everything かターミナルから

nm-connection-editor

すれば良い。Ubuntuでおなじみのネットワーク設定が起動するので、後の操作方法は問題ないだろう。
nm-appletから「新しい無線ネットワークの作成を行う」で作ったプロファイルは全て一旦削除すること。
ただ、これだとコマンドを覚えておく必要があるわけで、アプリケーションメニューから設定を呼び出せた方が当然良い。
これを行うには、

leafpad nm-connection-editor.desktop

で次のコードをコピーする。

[Desktop Entry]
Encoding=UTF-8
Name=Network Settings
Name[ja]=ネットワーク
GenericName=Network Settings
Comment=Network Settings
X-Ubuntu-Gettext-Domain=nm-connection-editor
Exec=nm-connection-editor
Icon=preferences-system-network.png
Terminal=false
Type=Application
StartupNotify=true
Categories=Settings;

保存してターミナルから

sudo mv nm-connection-editor.desktop /usr/share/applications/

で、メニューのアプリケーション - 設定 - ネットワーク から起動できる。
しかし、他にも設定のコントロール欲しいなぁ。ユーザマネージャとかも作ろうかしら。
後は何が必要だろう。

*2011/06/29追記
そういえばフォーラムで教えてもらったことを書くのを忘れていた。
な~んと設定メニューにはネットワークアイコンをクリックして出てくる設定というメニューから行ける。
今までUbuntu使っていて全く知らなかったよ。一つ勉強になった。

2011/06/04

GRUB2の変更とConky、Jupiter *11/8/8追記

  1. GRUB2
  2. Bodhi LinuxのブートローダはGRUB2な訳ですが、こいつのデフォルトタイムアウトがやたら長いです。
    基本的に電源入れたら何もしなくてもログイン画面まで行ってもらいたいので、変更してしまうことにします。

    GURB2は /boot/grub/grub.cfg を直接編集してはいけないのがルールです。
    今回はタイムアウトを編集するので編集対象は /etc/default/grub になります。

    gksu leafpad /etc/default/grub

    ファイルの中の GRUB_TIMEOUT=10 を GRUB_TIMEOUT=1 に変更します。単位は秒。
    他のメニューが必要になった時でも起動時にESCを押しっぱなしにしておけば選択は可能です。
    編集終わったら保存し、

    sudo update-grub

    で終了。次回起動時より有効になります。

  3. Conky
  4. システム監視にはやっぱりこれが一番良いです。使用するフォントと一緒にインストールします。

    sudo apt-get install conky ttf-mgopen

    フォントはopenlogos.ttfも使いたかったので、この辺からダウンロードして~/.fonts フォルダに入れます。そして

    leafpad ~/.conkyrc

    として、以下のコードを保存します。

    ######################
    # - Conky settings - #
    ######################
    update_interval 1.5
    total_run_times 0
    net_avg_samples 1
    cpu_avg_samples 1
    imlib_cache_size 0
    double_buffer yes
    no_buffers yes
    #####################
    # - Text settings - #
    #####################
    #use_spacer yes
    use_xft yes
    xftfont Dejavu Sans Mono:size=9
    override_utf8_locale yes
    text_buffer_size 2048
    #############################
    # - Window specifications - #
    #############################
    own_window_class Conky
    own_window yes
    own_window_type normal
    own_window_transparent yes
    own_window_hints undecorated,below,sticky,skip_taskbar,skip_pager
    own_window_colour brown
    alignment top_right
    #alignment top_left
    #alignment bottom_left
    #alignment bottom_right
    gap_x 10
    gap_y 10
    minimum_size 300 5
    maximum_width 300
    default_bar_size 60 8
    #########################
    # - Graphics settings - #
    #########################
    draw_shades no
    default_color white
    color0 1E1C1A
    color1 E07A1F
    #color2 1E1C1A
    color2 green
    #border_margin 9
    #border_width 10
    uppercase no # set to yes if you want all text to be in uppercase
    #########################
    # - lua setting       - #
    #########################
    lua_load /home/keiichirou/script/draw_bg.lua
    lua_draw_hook_pre draw_bg
    #
    # stuff after 'TEXT' will be formatted on screen
    #
    TEXT
    ${color #800000}${voffset 6}${font OpenLogos:size=28}u${font}${color}${goto 36}${voffset -20}${font}${color 800000}${font MgOpen Modata Bold:size=12} Bodhi Linux 1.1.0
    ${color2}${font VL Gothic:size=8}       ${time %Y年/%B/%d日}${voffset -10}${alignc 46}${color2}${font Arial Black:size=16} ${time %H:%M}${font}${color}
    $nodename $sysname $kernel on $machine
    Uptime: ${uptime}
    # CPU Usage
    ${color 97979C}CPU ${hr 2}$color
    ${execi 1000 cat /proc/cpuinfo | grep 'model name' | sed -e 's/model name.*: //'}
    ${freq}MHz Load: ${loadavg} 
    $cpu % $cpubar
    ${cpugraph}
    NAME              PID    CPU%   MEM%
    ${top name 1} ${top pid 1} ${top cpu 1} ${top mem 1}
    ${top name 2} ${top pid 2} ${top cpu 2} ${top mem 2}
    ${top name 3} ${top pid 3} ${top cpu 3} ${top mem 3}
    ${top name 4} ${top pid 4} ${top cpu 4} ${top mem 4}
    # Memory and Swap Usage
    ${color 97979C}MEMORY ${hr 2}$color
    Used:    $mem of $memmax
    RAM: $memperc% ${membar 6}$color
    Swap: $swapperc% ${swapbar 6}$color
    # HDD Usage
    ${color 97979C}DISKS ${hr 2}$color
    /: Used ${fs_used /} of ${fs_size /} ${alignr}${fs_free_perc /}%
    ${fs_bar 6 /}$color
    # Removal disk Usage
    ${if_mounted /media/sdcrzr4gb}sdcrzr4gb: Used ${fs_used /media/sdcrzr4gb} of ${fs_size /media/sdcrzr4gb} ${alignr}${fs_free_perc /media/sdcrzr4gb}%
    ${fs_bar 6 /media/sdcrzr4gb}$color$endif
    # Network
    ${color 97979C}NETWORK ${hr 2}$color
    EXTERNAL IP: ${execi 3600 wget -O - http://www.whatismyip.com/automation/n09230945.asp}
    LAN IP: (${addr eth0}):(${addr wlan0})
    eth Down: $color${downspeed eth0} kb/s ${alignr}Up: ${upspeed eth0} kb/s
    ${downspeedgraph eth0 25,140} ${alignr}${upspeedgraph eth0
    25,140}$color
    wlan Down: $color${downspeed wlan0} kb/s ${alignr}Up: ${upspeed wlan0} kb/s
    ${downspeedgraph wlan0 25,140} ${alignr}${upspeedgraph wlan0
    25,140}$color
    

    ~/script/draw_bg.lua

    --[[    Background by londonali1010 (2009)
        VinDSL Background Hack (2010-2011)
    
    

    This script draws a background to the conky window. It covers the whole of the conky window, but you can specify rounded corners, if you wish.

    To call this script in Conky, use (assuming you have saved this script to ~/scripts/):
    lua_load ~/scripts/draw_bg.lua
    lua_draw_hook_pre draw_bg

    Changelog:
    + v3.0 VinDSL Hack (01.28.2011) Killed memory leak.
    + v2.4 VinDSL Hack (01.25.2011) Declared all variables in local.
    + v2.3 VinDSL Hack (12.31.2010) Added shading example(s).
    + v2.2 VinDSL Hack (12.30.2010) Cleaned up the code a bit.
    + v2.1 VinDSL Hack (12.24.2010) Added cairo destroy function(s).
    + v2.0 VinDSL Hack (12.21.2010) Added height adjustment variable.
    + v1.0 Original release (07.10.2009)

    ]]

    --------------START OF PARAMETERS ------------
    -- Change these settings to affect your background:

    -- "corner_r" is the radius, in pixels, of the rounded corners. If you don't want rounded corners, use 0.

    local corner_r = 50

    -- Set the colour and transparency (alpha) of your background (0.00 - 0.99).

    -- (Light Shading Example)
    -- local bg_colour = 0x4d4d4d
    -- local bg_alpha = 0.50

    -- (Medium Shading Example)
    -- local bg_colour = 0x222222
    -- local bg_alpha = 0.50

    -- (Dark Shading Example)
    -- local bg_colour = 0x000000
    -- local bg_alpha = 0.50

    local bg_colour = 0x222222
    local bg_alpha = 0.35

    -- Tweaks the height of your background, in pixels. If you don't need to adjust the height, use 0.

    -- (Default Setting)
    -- local vindsl_hack_height = 0

    local vindsl_hack_height = 0
    ---------------END OF PARAMETERS -------------

    require 'cairo'
    local cs, cr = nil

    local function rgb_to_r_g_b(colour,alpha)
    return ((colour / 0x10000) % 0x100) / 255., ((colour / 0x100) % 0x100) / 255., (colour % 0x100) / 255., alpha
    end

    function conky_draw_bg()
    if conky_window == nil then return end
    if cs == nil then cairo_surface_destroy(cs) end
    if cr == nil then cairo_destroy(cr) end
    local w = conky_window.width
    local h = conky_window.height
    local v = vindsl_hack_height
    local cs = cairo_xlib_surface_create(conky_window.display, conky_window.drawable, conky_window.visual, conky_window.width, conky_window.height)
    local cr = cairo_create(cs)

    cairo_move_to(cr,corner_r,0)
    cairo_line_to(cr,w-corner_r,0)
    cairo_curve_to(cr,w,0,w,0,w,corner_r)
    cairo_line_to(cr,w,h+v-corner_r)
    cairo_curve_to(cr,w,h+v,w,h+v,w-corner_r,h+v)
    cairo_line_to(cr,corner_r,h+v)
    cairo_curve_to(cr,0,h+v,0,h+v,0,h+v-corner_r)
    cairo_line_to(cr,0,corner_r)
    cairo_curve_to(cr,0,0,0,0,corner_r,0)
    cairo_close_path(cr)

    cairo_set_source_rgba(cr,rgb_to_r_g_b(bg_colour,bg_alpha))
    cairo_fill(cr)

    cairo_surface_destroy(cs)
    cairo_destroy(cr)
    end

  5. 電源管理モジュールJupiter
  6. ちなみにEnlightenmentのCPUモジュールはアンロードしました。CPUモジュールだとAC電源の有効無効で動作を自動的に変更してくれないし、無理やりクロックを落とすのも必要アクションが多いし、WiFiのON/OFFをするのも面倒です。
    やっぱりJupiterが一番良いという結論に落ち着きました。
    しかしEnlightenmentは省電力設定は微妙に弱いですね。まだ調べ方が足りないだけかもしれませんが。
    インストール方法は何も変わってなくて、

    sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/jupiter
    sudo apt-get update
    sudo apt-get install jupiter jupiter-support-eee

    後は 設定 -設定パネル - アプリケーション -自動起動するアプリケーション にJupiterを加えるだけ。
    ログアウトするのが面倒で、すぐに使うにはRun EverythingからJupiterを起動すればOK。

    *11/8/8追記
    Jupiterをインストールすると、自動的に /proc/sys/vm/dirty_writeback_centisecs と/proc/sys/vm/laptop の値をAC電源の有無で書き換えるようになります。
    /etc/rc.local での設定は無効になるので削除してしまいましょう。
    ちなみにJupiterがACの有無でどのようなことをやっているかは、/usr/lib/jupiter/kernel/ 以下にあるファイルを読むと良いです。
    他に付け加えたいパラメータがあれば、追記も出来ますよ。

ちなみにEnlightenment(E17)のキーボードショートカットの設定は、~/.e/e/config 以下を他のPCに持っていけばそのまま使えました。また、BodhiのフォーラムConkyにデフォルトショートカットを表示するconkyrcが載ってました。
Enlightenmentのデフォルトショートカットを覚えるのにおすすめかもです。

2011/06/02

Bodhi LinuxのEeePCへのセットアップ

以下セットアップ手順メモ。綺麗に日本語化するためにはそれなりに手順が必要だった。

  1. いつものごとくインストールはUSBから。
  2. オフィシャルHPより32bit isoイメージを落として来てUSBに焼く。BodhiはNattyとか異なり軽量(300MByteしかない)なので525MByteあれば事足りる。今回はWindowsマシンで作ったのでuniversal usb installerを使った。
    EeePCでのUSB起動方法は過去記事に書いてある。
    起動したらInstall Bodhiを選ぶだけ。

  3. インストール中にやるべきこと
  4. 設定することは4つだけ。
    言語。タイムゾーン。パーティション。ユーザ名とパスワード、マシン名。どれもやれることは殆ど無い。
    言語はEnglish。ネットワークに接続できていればタイムサーバを勝手に見つけてタイムゾーンを自動的に設定してくれる。ネットに接続していないなら自分でAsia → Tokyoを選択しなけりゃなんだろうけど、素直にネットに接続してインストールしましょう。パーティション分けは自動に任せると積んでいるRAMの2倍のスワップを取る設定になる模様。自分はRAMの半分はRAMドライブにあげるので、これだとスワップが過剰。結局手動で分けた。
    と言っても大したことはしていなくて、
    最初のパーティションのマウントポイントを/ にしてフォーマットにext4、Primary。容量を全容量-2GByte。
    次のパーティションの容量を2Gbyte、フォーマットをswap、logical。
    こんだけ。RAMドライブもこの時点で作れれば良いのだけど、無理でした。

    インストールが終わったらリブートし、リブート後の再起動時に再びBIOSの起動順を変更すればOK。

  5. 起動したらAlt + ESCで Run Everything を起動して lxterminal を起動。
  6. sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade

  7. 省電力化とSSD適合をさせる。
  8. sudo cp /etc/fstab /etc/fstab_orj
    gksu gedit /etc/fstab

    /etc/fstab に次の行を追記。

    # RAM Disk for temp files and log files
    tmpfs          /tmp            tmpfs   defaults,noatime,mode=1777 0 0
    tmpfs          /var/log        tmpfs   defaults,noatime,mode=1777 0 0

    また、/マウントポイントにもnoatime,discard オプションを追記する。編集が終わったら保存して一旦leafpadは終了。次にGRUB2の起動オプション変更。

    sudo leafpad /etc/default/grub

    GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULTの行を次のように変える。

    GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="elevator=noop quiet splash"

    GRUB2のメニューを更新。

    sudo update-grub

    次にsyslogを止めて、これまでのログファイルを削除。これをやるとこれまでのログは綺麗さっぱり消えてしまうので、必要な人はrmする前にホームディレクトリ等にコピーしておくこと。

    sudo service rsyslog stop
    sudo mv /tmp /tmp2
    sudo mkdir /tmp
    sudo mv /var/log /var/log2
    sudo mkdir /var/log
    sudo mount -a
    rsync -av /tmp2/ /tmp
    sudo rsync -av /var/log2/ /var/log
    sudo rm -rf /tmp2
    sudo rm -rf /var/log2
    sudo service rsyslog start

    で、これをやると/var/log/以下にディレクトリを作っているアプリから文句を言われるようになります。
    ほとんどは無視して良い物ですが、気持ち悪いので追加します。ついでにSSD用の省電力コマンドも追記。

    gksu leafpad /etc/rc.local

    exit0 という行が最後にあると思うので、その前上の行に以下の行を挿入します。

    # Economize the SSD
    sysctl -w vm.swappiness=1 # Strongly discourage swapping
    sysctl -w vm.vfs_cache_pressure=50 # Don't shrink the inode cache aggressively
    sysctl -w vm.dirty_writeback_centisecs=1500
    sysctl -w vm.laptop_mode=5
    for dir in apparmor apt cups dist-upgrade ConsoleKit fsck gdm installer samba unattended-upgrades ;
    do
    if [ ! -e /var/log/$dir ] ; then
    mkdir /var/log/$dir
    fi
    done

    最後にrc.localを実行可能にして終了。

    sudo chmod u+x /etc/rc.local

  9. ショートカットを作る。
  10. NattyのUnityと同様に操作出来るようにしてみた。
    Setting - Setting Panel - Input - Keys で +Add Binding

    KeyActionParameter
    Alt +4Window:Actions -Close-
    Ctl + Alt + TLanch - command/usr/bin/lxterminal
    WIN + 1Lanch - command/usr/bin/pcmanfm
    WIN + 2Lanch - command/usr/bin/firefox
    WIN + 4Lanch - Setting Panel-
    WIN + AEverything Lancher - Show Everything Lancher-
    Alt + SPACEMenu - Window Menu-

    Alt + Space → x でウィンドウの最大化、nで最小化が出来ないのが痛い。

  11. フォントのインストールと日本語化
  12. sudo apt-get install language-pack-ja language-support-ja ttf-ubuntu-font-family

    これらを入れることでlocaleにja_JP.utf8が追加される。ubuntuのフォントはlocaleには関係ないが。

    sudo reboot

    再起動後、

    sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8

    でlocaleをja-JP.UTF-8に出来る。ログインし直すと有効になる。
    これでメニューも含めて日本語化されているはず。強制的に日本語化するには、
    Setting - Setting Panel - Language - Language Settings で、日本語を選択。
    ログインし直すと設定が反映される。
    念のためターミナルから

    locale

    として、

    LANG=ja_JP.UTF-8
    LANGUAGE=ja:en
    LC_CTYPE="ja_JP.UTF-8"
    LC_NUMERIC="ja_JP.UTF-8"
    LC_TIME="ja_JP.UTF-8"
    LC_COLLATE="ja_JP.UTF-8"
    LC_MONETARY="ja_JP.UTF-8"
    LC_MESSAGES="ja_JP.UTF-8"
    LC_PAPER="ja_JP.UTF-8"
    LC_NAME="ja_JP.UTF-8"
    LC_ADDRESS="ja_JP.UTF-8"
    LC_TELEPHONE="ja_JP.UTF-8"
    LC_MEASUREMENT="ja_JP.UTF-8"
    LC_IDENTIFICATION="ja_JP.UTF-8"
    LC_ALL=ja_JP.UTF-8

    となっていることを確認。自分の場合には
    LANGUAGE=ja:en
    がなかったので、

    gksu leafpad /etc/environment

    して

    LANGUAGE=ja:en

    を追記した。
    Ubuntu Japanese Teamの日本語パックを入れる。

    wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
    wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
    sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/lucid.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
    sudo apt-get update

    必ずlocaleと設定 - 設定パネル - 言語の設定 - 日本語 になっていることを確認。

    sudo apt-get install ubuntu-desktop-ja

    これでibus-anthyがインストールされるので、ログインし直せば日本語入力も使えるようになっているはず。
    デスクトップのどこかをクリックしてアプリケーション - 設定 - 日本語環境セットアップヘルパから
    GIMP、ebview、 sylpheed、oft-ipafont、adobe-flash-plugin、non-freeの全てを入れる。

  13. 文字の大きさ最適化
  14. 日本語化が終わった辺りのログインから急に文字の大きさが小さくなる現象に見舞われた。原因は良くわからないが、再設定すればOK。メニューのアプリケーション - 設定 - LXAppearance から
    デフォルトのフォントをSans 11pt にすればOK。
    ターミナル等の個別にフォント設定を持っているアプリはアプリ毎に設定が必要。

  15. Firefoxのインストール・日本語化・チューニング
  16. sudo apt-get install firefox

    メニューの日本語化はFirefoxから

    http://releases.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/releases/4.0.1/win32/xpi/ja.xpi

    を開く。キャッシュフォルダをRAMドライブ持っていくためにアドレスバーに、

    about:config

    を入れる。警告が出るけど、Firefoxの仰るとおり細心の注意を払って使用してください。
    設定値が並んでいる画面で、設定名の列のどこかで
    右クリック → 新規作成 → 文字列
    を選択。

    設定値
    browser.cache.disk.parent_directory/tmp

  17. google 日本語入力のインストール
  18. sudo add-apt-repository ppa:japanese-testers/mozc
    sudo apt-get update
    sudo apt-get install ibus-mozc

    システムトレイのibusアイコンから再起動を選択し、再度ibusアイコンから設定を選んで
    インプットメソッドタブからインプットメソッドの選択を選び、日本語-Mozc選択した状態で追加を押す。
    後は日本語-Mozcを一番上になるように移動するだけ。

  19. 普段使いのアプリを入れる。
  20. 最初Bodhi公式からNikhila Application Setを入れたのだけど、この後辺りでlocaleがおかしくなった。メタパッケージが犯人かどうかは確信ないが。
    メタパッケージでインストールするならデスクトップのどこかをクリックしてメニューを出し、Bodhi Linux → Add Software 又はブラウザで

    http://www.bodhilinux.com/software/doku.php

    を開く。Nikhila Application Setを選んでインストール。
    インストール後Libreofficeのメニューを日本語化するためにターミナルから

    sudo apt-get install libreoffice-l10n-ja libreoffice-help-ja

    しかし、個別に入れた方が自分の必要なものがはっきりしている場合には良いのではないかと思う。その場合には

    sudo apt-get install libreoffice libreoffice-l10n-ja libreoffice-help-ja vlc ubuntu-restricted-extras meld
    sudo apt-get install build-essential gnome-utils gedit shotwell adobeair parcellite

    gnome-utilsを入れたのはbaobabを使いたかったから。インストール後、parcelliteを設定 - 設定パネル - アプリケーション - スタートアップアプリケーションに登録しておく。

    http://www.memememo.com/u/sato/f1892/

    からAir草紙をインストール。

2011/06/01

Bodhi Linux

NattyのUnityに慣れて来てそれなりに快適に使っているのだけど、やっぱりEeePC1002HAには少々重い。ウインドウマネージャを変えてしまうとNattyにする意味もあまりなくなってしまうので、思い切って他のディストリビューションも試してみることにした。

でBodhi Linux。

良い点:

  • ベースはUbuntu 10.04(Lucid)なので、ベースとしては少々古いがUbuntuベースなのでコマンドは慣れていること
  • ウィンドウマネージャが軽量なEnlightenment。バージョンはE17。E16と異なり、ほとんどの部分はGUIから設定が出来る。
  • 100% Enlightenmentのお陰なのか余計なものが入っていないせいかはわからないがとにかく軽い。起動時間はついに15秒を切った。アプリもNattyと比べると音速と言って良い速度で立ち上がる。ウィンドウの切り替えも超高速。
  • 余計なものが入っていない。

悪い点:

  • セットアップのドキュメントがほとんどない。公式のE17についてのWikiですらほとんど情報無し状態。
  • デフォルトでは何も入っていない状態と言って良い。何を追加すべきかわかっているユーザ向け。この辺りはArchっぽい。
  • セットアップは日本語化されていない。インストールしてから変更しましょう。E17自体はちゃんと日本語に対応している。
  • ショートカットの再設定がメンドイ。E16の時にはコマンドラインから設定出来たようなのでスクリプトでというのも可能だったみたいだけどけ、E17については無理っぽい。デフォルトのショートカット一覧でもどっかにないかねぇ。
  • [2011/5/30時点で問題]nvidia以外のドライバ(つまりATIやEeePCも含むINTEL)はopenGLを使えない。本家のBug Report
  • バッテリ管理のデフォルト設定値がタコ。だがデフォルトで省電力機能を持っている。Jupiterが必要ないかどうかはもう少し使ってみてから判断する。
  • ebviewがフォントエラーを吐くんだけど、理由不明。使えているから良いか???

とにかく軽い・早い・使い勝手も良いということでOpenGLの問題さえ無ければ万人にオススメなんだけどねぇ。
自分はEeePCでしばらく使ってみるつもり。VMWareみたいな仮想環境に入れてもすぐに速度差は体感出来るよ!

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »