« 青空キンドルを自分でやってみたPartⅢ | トップページ | 古いPCの環境をVMware Playerで復活させる »

2010/12/02

青空キンドルを自分でやってみると改

Cygwinが入っていないPCで青空キンドル環境を構築しようとして、そもそもCygwin使わないほうがスマートじゃん、ということに今更ながら気がついたので、その方法。

1. Rubyのインストール
 1.8系列が必要であるため、1.8系列の最新であるruby-1.8.7-p302-i386-mswin32.zipをRubyのWindows用バイナリから持ってくる。インストール方法は、Rubyのインストールガイドに書かれている通りで面倒なことはない。解凍して、解凍したbinフォルダにパスを通すだけ。

2. 使用方法は、コマンドプロンプトから

c:\work\>ruby az2tex.rb HogeHoge.txt
これで全てWindowsのコマンドプロンプトから作業できるようになったので、全然楽になった。また、前回書いた時には書き忘れていたが、WinTexのインストール後に縦組のためのスタイルファイルを
C:\w32tex\share\texmf\my_style
に入れないとダメだった。これらは藤田眞作さんのページより頂いた。 さて、画像の位置調整すっか・・・(´・ω・`)

« 青空キンドルを自分でやってみたPartⅢ | トップページ | 古いPCの環境をVMware Playerで復活させる »

kindle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28800/50192773

この記事へのトラックバック一覧です: 青空キンドルを自分でやってみると改:

« 青空キンドルを自分でやってみたPartⅢ | トップページ | 古いPCの環境をVMware Playerで復活させる »