« 青空キンドルを自分でやってみると | トップページ | 青空キンドルを自分でやってみたPartⅢ »

2010/11/30

青空キンドルを自分でやってみたPartⅡ

自分で出来るといろいろやりたくなってみるもので、今回は少し凝ってみる。
青空文庫は基本的に画像が入っていないテキスト中心なんだけど、本家(?)ともいうべきプロジェクトグーデンベルグには著作権が切れた画像付きのファイルが多数ある。
で、これを私的に利用するのは問題ないので、何個かやってみた。

まず一番簡単な方法(といってもかなり面倒だけど)

1. プロジェクトグーデンベルグから、原書のHTML文書を表示し、欲しい画像をローカルに保存する。今回はとりあえずガリバー旅行記をやってみた。

2. ダウンロードした画像をTexで扱い易いEPS形式に変更する。今回はEPS-convというソフトを使用させて頂いた。

3. az2tex で作った gulliver_ryokoki.tex をテキストエディタで開いて英語原文と見比べながら図を入れる箇所を探す。例として20行目からの


  第一、小人国(リリパット)

の後にmap01.epsを入れてみる。入れる前はこんな感じ。


Gulliver_before

aozora.sty では画像を単純に表示する方法として、\sashie という命令が定義されている。この命令は画像を単純にページ幅一杯(8cm)に拡大して挿入してくれる。問題は今回のような縦長の画像の場合は横幅基準で拡大すると切れてしまうこと。なので、

  第一、小人国(リリパット)
 
\sashie{map01.eps}

とするのではなく、

  第一、小人国(リリパット)
 
\hbox{\yoko\includegraphics[keepaspectratio=true,height= 10cm]{map01.eps}}

とする。この結果、
Gulliver_after
と、大体望み通りの結果になった。

ただ、これだとまだ横長の図の上や下に文章を表示したいといったことが出来ない。これについては次回。

« 青空キンドルを自分でやってみると | トップページ | 青空キンドルを自分でやってみたPartⅢ »

kindle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28800/50171378

この記事へのトラックバック一覧です: 青空キンドルを自分でやってみたPartⅡ:

« 青空キンドルを自分でやってみると | トップページ | 青空キンドルを自分でやってみたPartⅢ »